SSブログ
あなたは 人目の訪問者です。
減塩で +10年長生きしよう!
厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準」(2020年版)では、食塩摂取量の一日あたりの目標量は成人男性が7.5g未満女性が6.5g未満です。
「日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会」の報告書(厚生労働省)
食塩の取りすぎは生活習慣病に深く関わってきますので、注意が必要です。

アマチュア無線用に 中古VAIOノート購入 39,800円 [アマチュア無線]

2024年 2月27日(火) 晴れ
ChatGPT
ChatGPT
-
超強風。
きょうもメチャ強風でバルコニーにアマチュア無線のアンテナを設置できずにお休みでした。
アンテナが大きいのでね。

ハローキティートースト、モーニングサーブ+野菜サラダ、カフェラテでした。
IMG_4554.jpg
午前 アマチュア無線専用に買った中古のノートPCがポチッとした翌朝に届きました。
アマチュア無線専用とは、
 (1) アマチュア無線交信記録(ログ)管理
 (2) eQSL, hQSL (電子QSL。ハガキのQSLカードのインターネット版)
 (3) FT8 (デジタル半自動交信)
に使うためのPCです。 残念ながら macOS用は英語版でイマイチなので、しかたなく Windows 11ノートPCの中古を買いました。
上記のことをするだけなら低スペックのPCでいいので、
  中古(新品同様)VIAOノート    39,800円
   Windows 11 i5 8GBメモリー 512GB SSD
   Office 2019 ・・・使わないけどね
です。
IMG_4557.jpg
さっそく、アマチュア無線交信記録を Turbo HamLogという交信記録管理管理ソフトに入れました。
IMG_4568.jpg

いまは マイクに向かってCQ出して、紙のQSLカードを交換するという 40~50年前のやり方にこだわる人(高齢の方や、定年退職して再開局した方に多い)と、FT8というデジタル通信(マイクで音声を伝えるのではなく、無線機に接続したPCからマウスクリックをポチっとするだけでFT8のプロトコルで自動的にアプリ同士で交信)が急激に増えています。 FT8が増えている理由は、短波(HF)帯での海外との交信がマウスクリックでできてしまう(英語が苦手、とか、モールス符号が苦手とかもあるかな)ことでしょう。 FT8では、紙のQSLカードを年賀状みたいに送らずに hQSL、eQSLというサーバーを介した電子QSLカードの交換が主流ですので、ノートPCが必須です。
ドトールでレタスドック、ブレンドコーヒー(S)でした。
 IMG_4562.jpg
午後 -
ニチレイフーズダイレクトの健康管理食(鶏もも肉の治部煮風)、減塩味噌汁、鬼滅の刃ふりかけでした。
IMG_4563.jpg
IMG_4564.jpg
追伸 今朝寝ているとき、3:30頃、夢の中で夢をみる、という怖い経験をしました。
nightmare_woman_19353.png
夢を見ていて、その夢の中で、「これはおかしい。夢だ。夢から醒めねば!」と大声で叫びます。
すると、夢から覚めますが、自分が寝ているベッドの周囲に、死んだ母、叔父、叔母、祖母などが、ざわざわと話をしています。 「ヤバい。 夢から別の夢へワープした! 夢から醒めねば!」と大声で叫びます。
こんどもまた夢?! 手元の照明リモコンのスイッチとテレビのリモコンのスイッチをいれます。 こんどは、リアル世界に戻れました。 夢1から夢2へワープ、次に夢3へワープなんてことになれば、夢のループで夢から覚めないことになり怖いです。 目が覚めても夢の内容を全て記憶していて、リアルに大声で叫んだみたいで、ノドがカラカラです。

これも、レム睡眠行動障害の典型例です。

nice!(50)  コメント(8) 
caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2024.