SSブログ
あなたは 人目の訪問者です。
減塩で +10年長生きしよう!
厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準」(2020年版)では、食塩摂取量の一日あたりの目標量は成人男性が7.5g未満女性が6.5g未満です。
「日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会」の報告書(厚生労働省)
食塩の取りすぎは生活習慣病に深く関わってきますので、注意が必要です。

アマチュア無線 21MHz FT8 OVER SEA QSO #1 [アマチュア無線]

2024年 4月 2日(金) 曇りのち晴れ
ChatGPT
ChatGPT
-
暖かいを通り越して、暑い。

ファミマのハバネロホットドック、ロイヤルミルクティー(PET)でした。
IMG_4905.jpg
午前 -
ドトールでチョコデニッシュ、ブレンドコーヒー(S)でした。
 IMG_4906.jpg
ブログの巡回訪問も、ドトールでやりました。
午後 今までは、アマチュア無線 7MHz FT8 国内向け周波数(7,041MHz)で交信していましたが、きょうは 21MHz FT8周波数(国内・海外の区別なし)周波数(21.074 MHz)で交信しました。 (欄外記事参照)
7MHzにもFT8周波数(国内・海外の区別なし)周波数(7.074 MHz)がありますが、その周波数を使っている無線局は、100Wとか500Wとか、中には 1,000Wとかの放送局並みの強力な電波を送信するので、たったの 50Wの無線機の電波が潰されてしまい、なかなか交信できないんですよね。
ニップンのライスつき冷凍食(鶏めしとチキン南蛮)、減塩味噌汁でした。
IMG_4910.jpg
健康管理食ではないので、ライスが付いている分、おかずの品目が少ないです。
IMG_4911.jpg
追伸 -


アマチュア無線 21MHz FT8 OVER SEA QSO
今までは、アマチュア無線 7MHz FT8 国内向け周波数(7,041MHz)で交信していましたが、きょうは 21MHz FT8周波数(国内・海外の区別なし)周波数(21.074 MHz)で交信しました。
IMG_4908_480.jpg
CQを出したら、すぐに応答が返ってきて、画面が赤く(自分宛電文は赤く表示される)なります。
  ↓
岡山県、広島県、福島県、といった国内の他エリアの県外の無線局からの応答を狙ったのですが、だんだん海外の無線局が混ざってきました。
FT8-21MHz-240402.png
 ・・・・・
 China        中華人民共和国(中国)
 Asiantic Russia    ロシアのアジア側
 Republic of Korea  大韓民国(韓国)
 European Russia   ロシアのヨーロッパ側
 ・・・・・
韓国、中国の東側(大連とか)、ロシアの東側(ウラジオストクとか)は、交信できる想定でした。 
でもGL(GPS座標のようなもの)で見ると、中国は人口が多い北京あたり、ロシアはヨーロッパ側(モスクワとか)まで交信できているようです。(GLはGPSと違い、精度が粗いので、だいたいこのへん、しかわかりません)
QSO-21MHz-FT8-240402.png
中国の電波は強いですね。 国土が広いので、鉄塔タワーを立てて大型アンテナ回しているのでしょう。 韓国の電波が強いのは当たり前(世界地図で見れば、福岡県も釜山もご近所) やはり驚いたのは、ロシアのヨーロッパ側(ヨーロッパ大陸)と交信できたことですかね。
     ↓
だがしかし、、、、
無線は当局のよって傍受されて記録されています。 ロシアや中国とばかり交信していては怪しまれるかもしれないので、 21MHz から、18.100 MHz と 28.074 MHzにQSYしてインドネシアやオーストラリア、太平洋を越えて北米や南米と交信できるとよいです。
     ↓
だんだん交信距離が伸びてきたね。言うなれば海外限定ポケモンをゲットするようなものだぜ!
nice!(58)  コメント(8) 
caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2024.